concept当店のこだわり

小型の豹のような美しい模様と光沢のあるコ-ト、シルクのような柔らかい毛質が魅力のベンガル猫。
その豹のような外見から、凶暴になるとか人に懐かないなどの誤解を受けやすいですが、
実はとっても人懐っこくて甘えん坊。
当店は、ベンガル猫を家族の一員として大切に育ててくれる方と、子猫の出会いのお手伝いをしています。
元気で甘えん坊のベンガル猫は本当に魅力的な猫ちゃんたちです。

わたしたちララベンガルズはベンガル猫を本当にかわいがってくれる方のみへ販売をしております。
譲渡条件は例外なく、避妊・去勢をしていただける方にのみお譲りします。わたしたちの考えやこだわりを理解した上で、見学いただいた後でのご購入をおすすめしています。
見学については、下記ページよりお気軽にお問い合わせください。

ご見学について

数少ないベンガルブリーダー
当店は茨城県初のベンガル猫専門ブリーダーです。
一頭一頭に常に気を配り、愛情を持って育てています。
ララベンガルズはTICAに登録された小規模なキャッテリーです。私が責任をもってお世話できる頭数しかいません。
国内はもとより、海外のブリーダーさんたちと情報交換をしながら、健康で美しく、綺麗なベンガルを皆様にご紹介できるようつとめています。また、ララベンガルズはバックヤードブリーダーではありません。有り得ない価格で猫ちゃんをお譲りすることもありません。健康で美しく、性格の良い猫ちゃんを適正価格でお譲りします。どんなに綺麗な子でも価格が28万円を超えることはありません。
tica
動物取扱業登録事業所
動物取扱業を営む者(ペットショップ、ブリーダー等)は事務所、業種ごとに都道府県知事または政令市長への登録申請を行わなければなりません。登録せずに営業などを行うと、30万円以下の罰金に処せられます。ララベンガルズは茨城県に登録済みです。子猫などを購入するときはこれらの登録が表記されているかを確認されて下さい。
近親交配は行いません
近親交配を行うと、生まれてくる子猫に先天的な遺伝子の異常が現れることがあります。血統的に良い遺伝子(人間にとって)を残したり、新しい種を創作する時に遺伝子を安定させるために採られる手段ですが、遺伝子異常の可能性があり、倫理的にも問題視されています。ララベンガルズでは近親交配を決して行いません。

ASSURANCE
全頭生命保証付き

ララベンガルズから猫ちゃんをお迎えいただいたオーナー様には、各種サポートをさせていただいております。猫ちゃんを見ていて普段となんだか様子が違う・・・これって、ほっておいても大丈夫?それとも獣医さんに行ったほうがいい?誰に聞けばいい?
そんな疑問があるときはまずご連絡ください。
ご一緒にお悩みを解決いたします。

生体の保証期間と保証内容について


必ずお守りください

猫ちゃんを一生可愛がってください。猫ちゃんにはあなたしかいません。生涯責任をもってお世話してください。
完全に室内で飼ってください。屋外は猫にとって危険がいっぱいです。
ララベンガルズでは、「避妊」「去勢」をしてただける方にのみ猫ちゃんお譲りいたします。
理由として、発情期のストレスを軽減して頂きたいのはもちろんですが「繁殖していい猫」と「繁殖用の猫」が全然違うという事があげられます。我々ブリーダーは近親交配にならないように気をつけるのは当たり前ですが、TICAで定められているスタンダード基準に沿ってベンガルの交配をおこないます。

中には、ご自分の猫ちゃんの子供が見たいという方もいらっしゃるかと思いますが、それらも含めてすべての繁殖行為を希望する方への譲渡はいたしません。
ほかのブリーダーでのスタッドサービス(委託交配)をご希望される方なども固くお断りいたします。
生まれた子猫の中からスタッドサービスを依頼した業者へ一匹渡すなどの条件を提示されることなどが散見されます。

ララベンガルズでは、当キャッテリーの猫が繁殖屋の手に渡ることを望みません。彼らバックヤードブリーダーは、安易にほかの繁殖希望者に猫を売り渡し、乱繁殖を招きます。また、彼らは狭いケージに猫を閉じ込め、不衛生な環境で交配をさせ続けます。
不衛生な環境下で猫は病気を発症します。猫風邪、FIP、真菌症・・・。
自分のキャッテリーの血統がバックヤードブリーダーの手に渡り、安易な繁殖、譲渡に使われ、金儲け、虐待(乱繁殖、狭いケージ内での飼養は虐待行為です)の犠牲にならないためにも、繁殖したい、という方への譲渡はしません。

場合によっては早期避妊、去勢をしてからのお渡しとなりますことをご理解ください。

海外のトップブリーダーは、「ペットタイプ」「ショータイプ」「ブリードタイプ」とカテゴリーをわけています。
繁殖用の猫は、次世代により良い遺伝子を残せるよう「健康で美しい子」でなければいけません。「とりあえず子猫を産ませてみたい」と思って産ませた結果スタンダードからかけ離れたような子が生まれてしまうことは少なくないです。
たくさん生まれてしまって飼いきれない・・・里親がみつからない・・・
知り合いやブリーダーに買ってもらうからOK。(第一種動物取扱業の登録なく猫を有償譲渡すると法律違反です。双方罰せられます)現実はそんなに甘くありません。安易な繁殖は猫ちゃんにとっても、飼い主にとっても不幸な結果に繋がりかねません。
ララベンガルズでは、どんな綺麗な子でもペットとしてお譲りします。
必ず避妊、去勢をお願いたします。ペットショップ関係者、並びに業者等には絶対に販売致しません。
また、猫だけにかかわらず生き物に病気や怪我はつきものです。思わぬ病気や怪我などで高額の医療費の出費など予想外のアクシデントが起こる場合がございますが、生き物を飼うということは、不測の出来事の連続です。そういったことにご理解をしていただける方にのみお譲りします。当キャッテリーではお引渡し後の生体の引取りは行っておりません。
また、お引渡し後の第三者への譲渡も固く禁止いたします。

お渡しの猫ちゃんには生体保証がついていますので詳しくはそちらも合わせてご覧ください。

バックヤードブリーダーとは?

バックドアブリーダーとも言います。日本では馴染みのない言葉ですが、海外のブリーダーさんからよく聞く言葉です。「素人繁殖家」という意味ですが、もっと広い意味合いで使われています。
日本ではパピーミル(子犬、子猫工場)などと称される場合もあります。
ララベンガルズでは、海外から綺麗で健康な性格のよいベンガル猫を親猫として迎えるため、各国のブリーダーさんとやり取りすることが少なくないですが、まず最初に聞かれるのは「TICAにキャッテリー登録をしているか?」「あなたはウェブサイトをもっているか?」「どんな繁殖プランを持っているか」ということです。

TICAはベンガル猫を公認している唯一の世界的な猫団体です。海外のトップブリーダーから見て、TICAに登録していないキャッテリーは信用されません。スタンダードなベンガル猫の基準を守らないブリーダーだと思われるのです。
また、ウェブサイトを持っている場合、もれなくチェックされます。
どんなブリードをしているか、単にお金儲けとして猫の繁殖をしていないか、適正価格で猫を譲っているか、猫を狭いケージに閉じ込めて飼っていないか、キャッテリー内は不潔な状態ではないか、などなど。「自分の猫を譲っても大丈夫な人なのか」というところを見ています。

そして、定期的に猫たちを獣医のもとで健康診断するか、予防接種は必ず行うか、繁殖プランはどのようなものなのかなどを聞かれます。

どんな猫を繁殖するかよりも、いくらで猫を売るか考えているブリーダーはバックヤードブリーダーと言われます。
産ませるだけ産ませて高く売りまくったり、小さい月齢から親猫と離してしまったり、猫とオーナー様のことを考えていない人間だと思われると、高額な代金を払うからといっても、猫を譲ってくれるということは決してありません。
ララベンガルズ はバックヤードブリーダーではありません。